CLEARTONE STRINGS

自宅で弾くギターにはコーティング弦を張っているんだ

気持ちの良い音のままいつでもひょいと弾きたいからね

数年前に Elixirが出た時には驚いたものだけれど、なんせ本気のLIVEでは切れまくる

そしてブロンズでもジャリジャリしすぎるんだなぁ


最近では D'Addario のコーティング弦なんかも使ってみたけどコーティングが剥げやすい印象

そこで Larrivee も正式採用している CLEARTONE を張ってみた

2009_10_28.jpg

Gibson HC 1942 J-45 2006' には、

Phosphor Bronze 7412 LIGHT (012 . 016 . 025W . 033W . 043W . 053W) をチョイス

J-200用に 7413 MIDIUM (013 . 017 . 026W . 036W . 046W .056W) も買ってみた。


先ずトーン、素晴らしい!! このギターこんなイイ音してたのかと驚くほど。音量もでかく

弦鳴りじゃなくギターの素性を引き出してる感じ。久々に弦で感動。

empコーティング(プレーン弦を含む全ての弦に1ミクロン程度のコーティング) の印象は

コーティング弦じゃないみたいな感触でコーティング嫌いの人も納得すると思う。

後はいつものように弾き続けてみて音の変化はどうなるか寿命チェックしてみようっと。

この印象だと僕の中で CLEARTONE ベスト弦かも!



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

2009.10.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | EQUIPMENTS

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

profile

菊池 健一

Author:菊池 健一

facebook: KENICHI KIKUCHI 北海道釧路市出身仙台在住 唄うたい。レコーディング & デザイン事務所 ken's studio 代表。学生時代よりバンド活動、LIVE喫茶で毎週末弾き語りLIVE。1996年札幌を拠点に自作曲を書きため音楽仲間と全国を歌い歩く。2008年より仙台を拠点に活動本格化、あらゆる会場でLIVE、年間150本以上をこなし各メディアに露出。近年は八島順一氏(ハウンドドッグ)のギターとのユニット JUNxKEN が好評で毎回多くのファンを獲得中。2011年八島氏とSS氏と共同でレーベルJSK trinity を立ち上げる。2013年にはシンガーソングライターいがらし笑子さんのアルバム「kokorone 〜心音〜」をプロデュース。完成と同時にレーベル kokorone RECORDS を立ち上げる。

菊池健一公式HP

kenichi_web_show.jpg

ken's studio

録音・デザイン・写真

ココロネレコーズ

kokorone_records_logo.jpg

CD・グッズ通販ショップ !

出演交渉、問合せ先

jsk.jpg

所属レーベル: JSK trinity

大好評動画!

過去の日記

calender

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

archives

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2009年8月15日~

Hello!!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード