EP7

1978年に日本で公開された 「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」

僕は当時6歳の小学1年生で母に手を引かれ釧路のパルコの2F

ピカデリーって映画館で鑑賞

字幕の漢字の読めないところは適当に変換してたのだろうけれど、

あまりに衝撃的で面白すぎたことを鮮烈に覚えている

「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」 は残念ながら劇場での鑑賞を見逃し

12歳のときの 「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの復讐(帰還)」 はしっかりと従兄弟と劇場へ。

それからずいぶんと大人になってから、エピソード1~3 を札幌の映画館ですべて鑑賞 (EP1は試写会に当選!)

2015_12_18a.jpg

今夜は12歳のときの続き!!

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (エピソード7)」

どれだけ今夜を楽しみでいたことか!!

2015_12_18b.jpg

魅力的なグッズを我慢し

2015_12_18c.jpg

時間までチョコを食べて待ったよ

2015_12_18d.jpg

いやぁ、リアルタイム世代にとってはたまらないオマージュに満ちた作品 !!

大好きなキャラクターが決してキラキラじゃないあの汚れた宇宙の世界に登場するだけで大満足なのだけれど

前シリーズとのつながりが明かされるたびにワクワクしたのさ

はじめて観た6歳のときのまんまにね

今夜は世界中でこんな気持ちの人であふれるはず、


WARS なんて物騒なキーワードのタイトルだけれども、


世界がひとつになれる瞬間


テーマ:スター・ウォーズ - ジャンル:映画

2015.12.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | レビュー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

profile

菊池 健一

Author:菊池 健一

facebook: KENICHI KIKUCHI 北海道釧路市出身仙台在住 唄うたい。レコーディング & デザイン事務所 ken's studio 代表。学生時代よりバンド活動、LIVE喫茶で毎週末弾き語りLIVE。1996年札幌を拠点に自作曲を書きため音楽仲間と全国を歌い歩く。2008年より仙台を拠点に活動本格化、あらゆる会場でLIVE、年間150本以上をこなし各メディアに露出。近年は八島順一氏(ハウンドドッグ)のギターとのユニット JUNxKEN が好評で毎回多くのファンを獲得中。2011年八島氏とSS氏と共同でレーベルJSK trinity を立ち上げる。2013年にはシンガーソングライターいがらし笑子さんのアルバム「kokorone 〜心音〜」をプロデュース。完成と同時にレーベル kokorone RECORDS を立ち上げる。

菊池健一公式HP

kenichi_web_show.jpg

ken's studio

録音・デザイン・写真

ココロネレコーズ

kokorone_records_logo.jpg

CD・グッズ通販ショップ !

出演交渉、問合せ先

jsk.jpg

所属レーベル: JSK trinity

大好評動画!

過去の日記

calender

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

archives

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2009年8月15日~

Hello!!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード