japan designed solid-state guitar amplifier

休日大きな荷物が届く

2015_11_16a.jpg

古いYAMAHA製のギターアンプ

2015_11_16b.jpg

1969年製 YAMAHA YTA-45

2015_11_16c.jpg

なんと美しいデザイン

YAMAHA JA3052A 8Ω 50W アルニコ 12"スピーカー

当時は海外に輸出したものが多いのか詳細は海外のサイトでなけれは得られにくいほどの古いアンプ

2015_11_16d.jpg

早速 Nassyが愛用の 1980年製 YAMAHA JX40持ってきたよ

2015_11_16e.jpg

それでもって6時間サウンドチェック(笑)

2015_11_16f.jpg

YAMAHA YTA-45 の特徴は角の取れたコロコロした分離性の良い Fender Tube アンプライクなサウンド

そしてとにかくスプリングリバーブ、トレモロのかかりが強烈!

スピーカーユニットの特性かローの耳障りな嫌な周波帯域が出すぎる感があるので

パラメトリックEQでカットしてやると恐ろしく締まってイイ音になります!


60年代70年代の古い音が出るんだなぁこれが


2015_11_16f.jpg

気に入った!


比べて YAMAHA JX40 はとっても扱いやすいアンプ

Roland JC-120 もあらためて比較してみるとやっぱり優秀なわけで。


真空管アンプ探しているのに、いつも脱線してしまうよ、。



アルニコ磁石とフェライト磁石に囲まれて血行が良くなってきたよ




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2015.11.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | EQUIPMENTS

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

profile

菊池 健一

Author:菊池 健一

facebook: KENICHI KIKUCHI 北海道釧路市出身仙台在住 唄うたい。レコーディング & デザイン事務所 ken's studio 代表。学生時代よりバンド活動、LIVE喫茶で毎週末弾き語りLIVE。1996年札幌を拠点に自作曲を書きため音楽仲間と全国を歌い歩く。2008年より仙台を拠点に活動本格化、あらゆる会場でLIVE、年間150本以上をこなし各メディアに露出。近年は八島順一氏(ハウンドドッグ)のギターとのユニット JUNxKEN が好評で毎回多くのファンを獲得中。2011年八島氏とSS氏と共同でレーベルJSK trinity を立ち上げる。2013年にはシンガーソングライターいがらし笑子さんのアルバム「kokorone 〜心音〜」をプロデュース。完成と同時にレーベル kokorone RECORDS を立ち上げる。

菊池健一公式HP

kenichi_web_show.jpg

ken's studio

録音・デザイン・写真

ココロネレコーズ

kokorone_records_logo.jpg

CD・グッズ通販ショップ !

出演交渉、問合せ先

jsk.jpg

所属レーベル: JSK trinity

大好評動画!

過去の日記

calender

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

archives

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2009年8月15日~

Hello!!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード