記憶

前回のブログを書いた夜に熊本の地震

蘇ってしまって、記憶が蘇ってしまって、。

普段みないテレビのニュースに眠れず釘付け

連続して襲う地震にどれほど苦しまれていることでしょう

2016_4_23b.jpg

金曜の夜、音楽仲間のTOYOさんが仲間の支援をいっぱい積み込んで

2016_4_23c.jpg

熊本へ出発

2016_4_23d.jpg

土曜日の夜には益城町に到着して

発電機をたいて避難していた地域へ物資を無事届けてくれたと連絡をもらいました


2011年のときもそうだったけれど、やはり現場に行くのとテレビで見るのとは違うからと

いろいろなところへ出向きながら情報を集め帰路につくとのことでした。

安全に帰ってきてね


「あのとき世話になったから」 と笑うけどTOYOさんは凄いよやっぱり。




九州の被災者のみなさんの不安が1日も早く消え去る日が来ることを祈るばかり。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2016.04.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 東日本大震災

Requiem

2016年3月11日(金)

あの日経験した者たちにとってもは心が揺れ動いてしまってどうしようもなくなる日

ひとりでいるべきではない日

生き残った仲間と共に多くの犠牲者へ手を合わせる日

2016_3_12a.jpg

ヤンマッキーさんのご実家の松木魚店の前

2016_3_12b.jpg

ヤンマッキーさんが気仙沼からたくさん買ってきた復興キャンドルに火を灯し

2016_3_12c.jpg

すべての便利なモノをOFFにして

あの夜のようにキャンドルの灯りだけで語りあったよ

2016_3_12d.jpg

やがてギターに手を伸ばして

2016_3_12e.jpg

揺れる炎の中

2016_3_12f.jpg

僕なりの鎮魂歌をともだちのギターと歌ったよ


大切だったひとたちの愛を紡ぐのは僕らだから。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2016.03.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 東日本大震災

5年前。

2016_3_11aa.jpg


僕は問いたい

薄れていないが、濃くはないことを

変わったが、変わっていないことを

どうか報道に惑わされないで。

良い方向に向ってなんていない。

弱きひとたち、苦しんでいる人たちへの眼差しを忘れてはいけない

亡くなった人たちがくれた愛を忘れてはいけない

他のこと等忘れてしまえ

この世代では片付かない経験をしてしまった事実


2016_2_23aa.jpg

先日、友と荒浜まで行ってみた。

震災前から浜辺で寝転んでいた海辺の町。

2011_2_23aa.jpg

震災10日後にも友と八島さんとで訪れた。

2011_2_23ae.jpg

僕らは誰一人言葉を発せらなかった。

2016_2_23ad.jpg

5年後の現在はただ

2016_2_23ac.jpg

観音様と

2016_2_23ab.jpg

鳥居が建てられているだけ

2016_2_23ae.jpg

しばらくぶりに眺める砂浜。





今一度、助け合った、心配しあった5年前の記憶を辿ろう


http://sj200.blog83.fc2.com/blog-category-19.html

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2016.03.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 東日本大震災

requiem

震災により亡くなった友だちのお母さんへ、そして全ての人たちへ

心より謹んで哀悼の意を表します


2015年3月11日 菊池健一




あたりまえがあたりまえじゃなくなった日

あの日を決して忘れない

2015_3_10a.jpg
photo by mast sugano

いや、忘れられるはずがない

2015_3_10d.jpg

月明かりの下、地獄のような景色の中

仲間を探したことを

2015_3_10f.jpg

どこにも食べるものが売っていなかったことを

2015_3_10b.jpg

すぐにやっさんが困難なルートを使って支援に来てくれたことを

2015_3_10c.jpg

今でも支援の拠点になってる直@坊さんの活動を

2015_3_10e.jpg

結局、自分にはできることしかできなくて(今でも)

2015_3_10h.jpg

たとえ震災で車が錆び付いても

2015_3_10i.jpg

圧縮されて処分されても

2015_3_10j.jpg

僕らは忘れない。

2015_3_10k.jpg

先月見た福島の景色。

何が復興?

震災直後のまま。

なんにも解決されない町、たくさんの人に目を向けず

それでいてオリンピックだ、平和憲法改正だ。戦争だ。

偏った報道。

先人たちの心を踏みつけ

どうなってんだろう?

誰にでもわかることだろう

震災直後のあの恐怖よりも現在の状況の方が恐怖だ。


今こそ目を覚ますときだ

今度ばかりは流れに身をまかせると取り返しのつかないことになる

放射能のように

地球の活動よりも一部の人間のやらかすことの方が取り返しのつかない結果を生む。

もっと人に興味をもって愛する仲間たちをもっと愛そうよ

そうしたら、

そうしたら



テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

2015.03.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 東日本大震災

Lost Town

2015年2月28日(土)

りきまるサンと神奈川県海老名市でのLIVEへ向かう途中の話です。

2015_2_28aa.jpg

車を走らせ、東日本大震災以降初の双葉町へさしかかる

高く晴れた青い空と何事もなかったような住居群

それが無人であることのギャップが

頭と心を変にさせる

2015_2_28ac.jpg

メインストリートも各個人住居へもバリケード

「帰宅困難区域」

2015_2_28ab.jpg

明るい未来の真の姿

2015_2_28ad.jpg

本当にここが震災の前の年に訪れた時、

町の人たちの笑顔で溢れていた場所なのだろうか

2015_2_28ae.jpg

僕は間違いなくこの街へ来ていた

2015_2_28af.jpg

この体育館の横でたくさんの町の人たちとお祭りに参加して盆踊りを眺めていた

人懐っこい町のひとたちから西瓜を一切れいただき

足元に飛んできたショウリョウバッタを草むらに逃がしてあげた

http://sj200.blog83.fc2.com/blog-entry-454.html

そう、間違いなくここでたくさんの町のひとたちに触れた。

2015_2_28ag.jpg

僕は間違いなく町のひとたちの美しい踊りを眺めていた

2015_2_28aa2.jpg

この町で生まれ育ったひとたちは何処へ

僕の唄を気に入ってくれたヤスさん夫妻の生まれ育ったこの町よ

2015_2_28ah.jpg

推進しているお方よ

仕方がないと言っているあなたよ

2015_2_28ai.jpg

来てごらんなさいな

2015_2_28aj.jpg

この放射能で汚染された町に

2015_2_28ak.jpg

震災直後のまま解体も出来ない富岡町を

2015_2_28al.jpg

歩けるなら歩いてごらんなさい

2015_2_28ap.jpg

解体できない理由を考えてごらんなさい

2015_2_28am.jpg

人々が生活していたことを

2015_2_28an.jpg

一軒ずつ回って

2015_2_28ao.jpg

想像できるなら

2015_2_28ar.jpg

人間はこの町に何をしでかしたの?

2015_2_28as.jpg

自然災害以外の視えない何をしでかしたの?

2015_2_28at.jpg

この静けさの中ならよく考えられるかも

時折囀る野鳥はすぐに何処かへ飛んで行くよ

2015_2_28au.jpg

このレールの先には何があったんだろうね

2015_2_28aw.jpg

負の遺産を相続するのはどの子たちなんだろうね

僕には子供はいないけれど想像できるよ

2015_2_28ay.jpg

本置き場はこの国のどこにあるの? 世界のどこに? 

2015_2_28ax.jpg

増え続ける放射性廃棄物の本置き場は

地球のどこに? 宇宙のどこに?

当然、何万年も置いてもよいって場所のことだよ

2015_2_28az.jpg

やれ平和憲法改正だ (やれ戦争だ)

やれ世界中の選手招待してオリンピック競技だ

やれ辺野古の美しい心のひとたちを殴っただ



やれ安全なので原発再稼働だ



誰が言ってるの?


来てみてよ。

今回僕は入っちゃいけないところには一切入っていないよ。

来れるんだよ。

失われた町に。



真実を見つめる勇気があるなら。

その後に議論しようね。

原発も戦争も絶対にいらないんだよ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

2015.03.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 東日本大震災

requiem

震災により亡くなった友だちのお母さんへ、そして全ての人たちへ

心より謹んで哀悼の意を表します


2014年3月11日 菊池健一


2014_3_11a.jpg

友とその日のことを自分たちが撮っていた写真や映像を振り返り見てみた。

そして現状を冷静に見つめてみる。



弱き人たち、苦しんでいる人たちへの眼差しを決して忘れてはいけない

亡くなった人たちがくれた愛を決して忘れては行けない



放射能を海に放出しまくって原子力発電を稼働させてはいけない

あの日確かに目覚める瞬間が訪れたのだから


物事の判断基準は次世代への心のみ

これ以上人や動物や植物が住めない土地を作ってはいけない



鎮魂歌


http://youtu.be/v8pa9212RC8








今一度、助け合った、心配しあった3年前の記憶を辿ろう



http://sj200.blog83.fc2.com/blog-category-19.html




緊急ポスト#3 (2011年3月12日)

3月12日朝方まで断続的に使えていたiPhoneのSoftBank通信網が使用不能に。
21:00 現在、圏外から断続的に復帰してるのでポストします

八乙女ベースに集まっていた仲間とは昼前に各自宅へ移動
その後通信網遮断のため、部屋にあった古いラジオを使用。唯一の情報源。

八乙女駅周辺を歩く。コンビニに長蛇の列。もう食料入手は困難。パチンコ店隣で焚き火の家族。
街路樹が何本も切られていた。
駐車場の出口の遮断バーは切断されて駐車していたクルマはそうやって出て行ったんだな。
非日常的光景の連続。


15:00ころラッキー及川がスクーターで部屋に来てくれた。
家族も無事。家屋も無事。クルマは立体駐車場のまま停電。
無事で良かった!
やはり昨日はauの人たちに一切メール等届いていない様子。


自宅、電気、ガスストップ。
水はかろうじて出るので必要な人は来てほしい。


食料入手が困難、ガソリンは昨夜一カ所発電機で給油してくれたスタンドで給油。これはでかい。
iPhoneの充電器はシガーライターソケットのみだから。


仙台駅前付近は電力復帰したところがある情報。アーケードあたりを目指してみるのもあり。
ただし信号もほぼ停止、物質供給不足なため極力ある資源を大切に使おう。


21:00、昨夜のように腹ちゃん、ツッキー、chacoちゃん、八乙女ベース集合。
明日以降の行動をミーティング。
腹ちゃんのクルマの地上波テレビ放送での惨劇映像に心が折れそうになる。けどみんな生きるべ!
水はここにあるからね!


今後暗くなるのを合図に八乙女ベースに集合予定。心細いみんな集まって助け合おう



昨日から安否確認出来た仲間の続報

3/11
JJ、静香ちゃん、由美さん、TOYOさん、腹ちゃん、GHQ、嶺岸さん、インディアンサマーママ、三本木ベンチタイムマスター、ナッシー&家族、フクちゃん、進ちゃん、ふみえさん、Sannyさん、Chris、まーくん、swing bird、関根さん&家族、八島順一さんのお母さん、中條真一アニキ、メバル姉さん、ナンシー、カツオさん、カホリさん&家族、cozyさん、

3/12
ラッキー&家族、TAKAのみんな、ガラさん、トラさん、Sherryさんの家族、GOくん、YOJOバンドメンバー(ともやさんだけ連絡とれず)、Laobanさん、nakedたつやさん、バヨリンおじさん、


昨夜から由美さんの連続がいっさい取れません! 情報ください!
断続的に全国の仲間から安否確認の連絡が来てますが返信が困難、この記事にかえさせていただきます。

「無事です! 落ちついたら連絡するからね!」



2011年3月12日 21:28 (23:56再更新) 菊池健一





2011年3月15日付トップページ画像

2013_3_11b.jpg




2011年5月トップページ画像

2013_3_11c.jpg






テーマ:日記 - ジャンル:日記

2014.03.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 東日本大震災

薄れない記憶。変わっていない事実。

2013_3_11a.jpg

変わったが、変わっていない。

薄れていないが、濃くはない。

どうか報道に惑わされないで。

良い方向に向ってなんていない。

飛んでいるのは他国からの汚染物質じゃなくて自国の汚染物質

きれいに片付いてることなんてひとつもない。

ただ無くなっただけ。

報道されないことがたくさんある

避難所生活での自殺、DV

絶望だと感じさせるこの空気は?

弱きひとたち、苦しんでいる人たちへの眼差しを忘れてはいけない

亡くなった人たちがくれた愛を忘れては行けない

他のこと等忘れてしまえ

この世代では片付かない経験をしてしまった事実






今一度、助け合った、心配しあった2年前の記憶を辿ろう



http://sj200.blog83.fc2.com/blog-category-19.html




緊急ポスト#3 (2011年3月12日)

3月12日朝方まで断続的に使えていたiPhoneのSoftBank通信網が使用不能に。
21:00 現在、圏外から断続的に復帰してるのでポストします

八乙女ベースに集まっていた仲間とは昼前に各自宅へ移動
その後通信網遮断のため、部屋にあった古いラジオを使用。唯一の情報源。

八乙女駅周辺を歩く。コンビニに長蛇の列。もう食料入手は困難。パチンコ店隣で焚き火の家族。
街路樹が何本も切られていた。
駐車場の出口の遮断バーは切断されて駐車していたクルマはそうやって出て行ったんだな。
非日常的光景の連続。


15:00ころラッキー及川がスクーターで部屋に来てくれた。
家族も無事。家屋も無事。クルマは立体駐車場のまま停電。
無事で良かった!
やはり昨日はauの人たちに一切メール等届いていない様子。


自宅、電気、ガスストップ。
水はかろうじて出るので必要な人は来てほしい。


食料入手が困難、ガソリンは昨夜一カ所発電機で給油してくれたスタンドで給油。これはでかい。
iPhoneの充電器はシガーライターソケットのみだから。


仙台駅前付近は電力復帰したところがある情報。アーケードあたりを目指してみるのもあり。
ただし信号もほぼ停止、物質供給不足なため極力ある資源を大切に使おう。


21:00、昨夜のように腹ちゃん、ツッキー、chacoちゃん、八乙女ベース集合。
明日以降の行動をミーティング。
腹ちゃんのクルマの地上波テレビ放送での惨劇映像に心が折れそうになる。けどみんな生きるべ!
水はここにあるからね!


今後暗くなるのを合図に八乙女ベースに集合予定。心細いみんな集まって助け合おう



昨日から安否確認出来た仲間の続報

3/11
JJ、静香ちゃん、由美さん、TOYOさん、腹ちゃん、GHQ、嶺岸さん、インディアンサマーママ、三本木ベンチタイムマスター、ナッシー&家族、フクちゃん、進ちゃん、ふみえさん、Sannyさん、Chris、まーくん、swing bird、関根さん&家族、八島順一さんのお母さん、中條真一アニキ、メバル姉さん、ナンシー、カツオさん、カホリさん&家族、cozyさん、

3/12
ラッキー&家族、TAKAのみんな、ガラさん、トラさん、Sherryさんの家族、GOくん、YOJOバンドメンバー(ともやさんだけ連絡とれず)、Laobanさん、nakedたつやさん、バヨリンおじさん、


昨夜から由美さんの連続がいっさい取れません! 情報ください!
断続的に全国の仲間から安否確認の連絡が来てますが返信が困難、この記事にかえさせていただきます。

「無事です! 落ちついたら連絡するからね!」



2011年3月12日 21:28 (23:56再更新) 菊池健一





2011年3月15日付トップページ画像

2013_3_11b.jpg




2011年5月トップページ画像

2013_3_11c.jpg





鎮魂歌


http://www.youtube.com/watch?v=ERi6r4e3cJQ



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2013.03.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 東日本大震災

ストロベリーライン・フォーエバー

2012年7月10日(火)

カブトムシを見つけた、その帰り道。

2012_7_10v.jpg

東日本大震災ので津波被害が尋常じゃなかった山元町から亘理町

ストロベリーラインと呼ばれた道路の両脇に続くいちごのビニールハウスももう何も無い


2012_7_10w.jpg

積み上げられた人の思いでのカケラ、

やっぱり瓦礫とひと言では言うことが出来ない、。

2012_7_10x.jpg

それに植物たちが覆い始めていた

このままにしていたらまるで自然な山になってしまうように。

2012_7_10z.jpg

不思議な光景だった

住宅が建ち並んでいたところも

整理された畑や田んぼがあったところも

何もなくなってから、1年以上たっても手がつけられない(つけようがない)

2012_7_10y.jpg

海水の塩分から芽吹いても枯れてしまう植物

そして強く育つ植物

まるでカンブリア紀

この土地が自然の力で新しく形成されて行く瞬間を感じた。

2012_7_10z2.jpg

何度も訪れている場所も

どこを走っているのかわからないほど無くなっている

2012_7_10z1.jpg

いつか友達とホッキメシを食べに来たお店も無い

看板が「そこにあった」と知らせてくれるだけ。



2012_7_10z3.jpg

岩沼と名取の間

2012_7_10z4.jpg

仙台空港

2012_7_10z5.jpg

クルマを止めてNassyと

しばらく黙って空を眺めていたよ




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2012.07.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 東日本大震災

CUBE

2012年3月29日(木)


なんにも無くなった蒲生地区。

残された小さな橋のガードレールだけが

「ここはあそこだったんだよ」と理解させてくれる。


海から少し離れた工場地帯で見た光景

2012_3_29aa.jpg

これは

2012_3_29ab.jpg

すべて

2012_3_29ac.jpg

津波に流された

2012_3_29ad.jpg

自動車

2012_3_29ae.jpg

タクシーも

軽四も

メルセデスも

古い車も

納車されたばかりの新車も

全部同じカタチ

2012_3_29af.jpg

果てしなく積み重ねられた

2012_3_29ag.jpg

四面体




瓦礫と呼ばれるモノも

この四面体も


すべてこれはゴミじゃない

思い出がいっぱい詰まってる

人に大切にされてきたモノ



今、君が大切にしているそれ。






テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2012.03.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 東日本大震災

蒲生干潟

2012年3月29日(木)


僕は仙台にひとりで来てから

よくカメラを持って出掛けた場所があったよ


生き物たちが活き活きしている場所

蒲生干潟。


是非、当時の僕のスロートリップ先に飛んで見てほしい


2012_3_29ah.jpg

よくクロベンケイガニに遊んでもらったものさ

2006 SLOW TRIP Vol.30 「蒲生干潟 : インヴィテッド・バイ・カイト」
http://www.kenichikikuchi.com/slow_trip/slow_trip2006_30.html


友達のJJが仙台に来てからも遊びに行ったよ

HIROSHI CHALLENGE #012 カニ

http://youtu.be/lqlkOsAIaL0


2012_3_29ai.jpg

ここには日和山っていう日本で二番目に低い山があったんだ

2007 SLOW TRIP Vol.04 「蒲生干潟 : ホリデイ・オブ・ザ・バーズ」
http://www.kenichikikuchi.com/slow_trip/slow_trip2007_04.html


2012_3_29aj.jpg

そう「あった」んだ。


なんにも無くなってた

鯉の養殖場も、料亭も、乗馬場も、たくさん民家も





いつか僕が見たのは

雫の中に閉じこめられた逆さまの世界

それは一瞬で弾けては次から次にまた生まれた

2007 SLOW TRIP Vol.019 「 蒲生干潟 : LIVE ON 」
http://www.kenichikikuchi.com/slow_trip/slow_trip2007_19.html

僕は生まれ変わるのを信じています。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2012.03.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 東日本大震災

「みちのく音楽魂」 ~エピローグ~

20110904_flyer.jpg

2011年9月4日(日) みちのく音楽魂
時間: 10:00~
会場: 宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)
住所: 宮城県石巻市渡波字大森30番地2
http://ms-michinoku.com/




菊池健一 with Nassy も参加した渡波生まれのToyoサンが中心となり実現させた石巻での音楽イベント

2011_9_4b.jpg
photo by Makky




「みちのく音楽魂」 ~エピローグ~




2012年3月14日(水)

2012_3_14a.jpg

正午。

Toyoサンと、なーサンの作ってくれたオニギリと玉子焼き頬張りながら石巻へ

2012_3_14b.jpg

なーサンの鮭オニギリ美味いっ! 玉子焼きも僕の好きな甘いやつさ!

2012_3_14c.jpg

石巻市内へ入ると

高く晴れた空と現況とのギャップに戸惑う

2012_3_14d.jpg

どうにも

2012_3_14e.jpg

1年経ったところで変わりはしないのです

ラジオやTVで「被災地に何々が出来ました!」とか明るく励ましてくれようとする話題が出ても

実状はこの通り。

だから何年、何十年経とうとそれぞれの出来る支援を継続することが大切。

2012_3_14n.jpg

映像でも繰り返し放送された

津波が押し寄せて氾濫した北上川

2012_3_14f.jpg

閉館が続く石ノ森萬画館へ

石ノ森萬画館
http://www.man-bow.com/manga/

2012_3_14g.jpg

たくさんの人からのメッセージがいっぱい描かれていたよ

2012_3_14h.jpg

そして石巻の創業90年、歴史ある楽器店、サルコヤさんへ

店の向いで日本猿を飼っていたからサルコヤってToyoサンが教えてくれたよ

記録的に長生きした日本猿は震災で亡くなったと聞いた


サルコヤ
http://www.sarukoya.com/


今回石巻へ来た理由は

去年開催した「みちのく音楽魂」で集まった支援金を全て使い

渡波小学校の生徒たちが使用する鼓笛隊用の楽器を購入し寄贈しようと考えたもの。



明治6年開校の渡波小学校の鼓笛隊が地域をパレードするのが多くの人が経験する伝統。

震災後、鼓笛隊の勇姿が励みになるので、、と多くの地域の人たちから学校に問合せがあったと聞いたよ。



Toyoサンと話したけれど、どこの地域でも卒業して点々と離れて行く人たちを結びつけるのは

母校の校歌だったり児童歌だったり。

だからこそ途絶えさせてはならないものと考えたToyoサンの回答。



みちのく音楽魂に参画した仲間たちはきっと大賛成してくれるはず


2012_3_14j.jpg

サルコヤさんもやはり震災の被害にあって

サルコヤ社長のピアノ再生プロジェクトが多くのニュースで取り上げられ

復興の象徴にもなっているのです


サルコヤ店舗復興までの歩み
http://www.sarukoya.com/fukkou.html

2012_3_14i.jpg

先日は、僕も昔から大好きで2度札幌公演を観に行ったこともある

Cyndi Lauper湯川レイ子さんと駆けつけてくれたよ。

シンディは鍵盤ハーモニカを購入してくれたって!

涙が出て来てしまったよ、、。

シンディ、レイ子さんありがとう

2012_3_14k.jpg

サルコヤ社長と。

2012_3_14l.jpg

僕もついでにサルコヤさんで久々見つけた猿弦(正確にはヒヒ弦)を買ったよ


2012_3_14m.jpg

石巻の街には石ノ森章太郎サンのキャラクターが点在していてとっても楽しい街なんだよ

故郷釧路も海の街で、なんとも以前から石巻は故郷を感じさせたんだ


2012_3_14o.jpg

そして、現在は稲井中学校グラウンドに仮設校舎の渡波小学校へ

2012_3_14p.jpg

体育館も共用し、様々な場面で仮設の不便を感じたよ

2012_3_14q.jpg

でも生徒たちはとっても元気に走り回って

誰もが「こんにちわ!」と大きな声で挨拶してくれたよ

「コンニチワ!」

2012_3_14r.jpg

前もって不足していた楽器をリストアップしてもらっていてね

教頭先生を通して楽器を寄贈させていただきました。


お話させていただく時間をもらえたので

気になる事を質問させていただきました

「現実としてもらっても困らないような支援物ってどういったものがあるのでしょうか?」

そして子供たちのことを。

2012_3_14s.jpg

仮設校舎を案内していただきました

2012_3_14t.jpg

音楽室も無いので倉庫のような部屋に使える楽器が集められていたよ

2012_3_14u.jpg

ホント、すれ違う生徒たちみんな元気に「コンニチワ!」

でも教頭があとから「あの子は今、こんな状況で、、」と誰もが震災の影響を受けている現実を。

2012_3_14v.jpg

理科室に入ったの20何年ぶりだろう

2012_3_14w.jpg

まだ泥で汚れたままのフラスコ

2012_3_14x.jpg

このただならぬ小学生時代をここの子たちは経験し、連帯しあってるんだね

2012_3_14y.jpg

2日後には6年生は卒業式

2012_3_14z1.jpg

卒業おめでとう!

2012_3_14z2.jpg

近い将来、石巻で渡波小学校の鼓笛隊のパレードが観られのが楽しみだね



それからToyoサンと女川へ

2012_3_14z3.jpg

1年前の壮絶な状況からは景色は変わったけれど

たくさんの問題は何も解決していないのです

2012_3_14z4.jpg

Toyoサンとナポリタンを食べたら

ここのオーナーは「みちのく音楽魂」に協力してくれた方で驚いたり


2012_3_14z5.jpg

帰る途中の渡波地区

Toyoサンが昔住んだことがあるアパート

2012_3_14z6.jpg

みちのく音楽魂」に協力してくれたみなさんの気持ちをこうしてカタチにすることが出来ました

ありがとうございます!




2012年3月14日

みちのく音楽魂 会長Toyo & ミュージシャンを代表してKen




2012_3_14z7.jpg

震災直後からたくさんの物資を運んだToyoサンのCUBEも今回ラストラン

オツカレサマでした!




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2012.03.16 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 東日本大震災

それぞれの311

2012年3月11日(日)


あの時間は、部屋でひとり

黙祷。



夜、地下鉄で街まで

2012_3_11aa.jpg

広瀬通からの裏通りでキャンドルに火が灯されて祈りを捧げる人達

今日は各地で同じ光景、鎮魂の祈り


2012_3_11ab.jpg

復興支援LIVEに駆けつけてくれたやっさんこと八島順一さん

振り返れば、震災から毎月仙台に来て活動してくれているんです。


2012_3_11ac.jpg

アフター・コンサートは、ミッキー兄貴の guitar bar

震災後「宿の無いやつは guitar bar に泊まれ」と言ってくれたミッキーさん

AM4:00 まで語り明かしたよ



それぞれの場所で、それぞれの思いを抱え、

迎えた1年目。

これから何十年とこの日を忘れずに、そして自分の出来る誰かのためのことを

続けて行こうと誓いました



所詮、僕らには音楽でしかそれを出来ないのですが

続けて行こうと誓いました





テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2012.03.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 東日本大震災

黙祷

日曜日ではなかったけれども

こんな普通の日だったんだ一年前も。

何が起こって自分がどうなったのかまだわからない魂が無数に彷徨うこの地。

生かされた僕らには行動すべきことを確実に実行する必要がある。

正しいことを主張し団結出来る機会を逃してはならない。

時は解決しない。

何年経とうとも忘れない。




僕は仲間を信じる

人を信じる

音楽のチカラを信じる



そして亡くなった魂の想いを重んじて生きる





黙祷



2012_3_12a.jpg



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2012.03.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 東日本大震災

Canned Fish

石巻にある日本一小さな缶詰工場「木の屋」さん。


木の屋
宮城県石巻市魚町一丁目11-4
0225-23-1234
http://kinoya.co.jp/eccube/

2011_9_5c.jpg

震災直後に瓦礫の中から掘り出した70万個の缶詰。

食べるものが何も無かったあの時その貴重な食料を地域の人皆で分け合ったと言う。


そして9月4日のみちのく音楽魂、

2011_9_5b.jpg

「お楽しみ缶詰」ラベルの無い中身不明の缶詰が販売されていました。

1缶200円。5缶買うと1缶サービスで6缶の大サービス。

「鯨」が当たれば1缶800円以上の高級品ですよ



そっそく朝食に1缶目開けました

パカッ!

2011_9_5d.jpg

「三陸産 さんま水煮」缶!

美味いっ! 大袈裟じゃなくてこんなに美味いサンマの水煮食べた事ないよ

あまりに美味いのでペロリとたいらげ

2缶目に(笑)


パカッ!

2011_9_5e.jpg

「金華さば味噌煮」缶!

美味すぎっ! これも間違いなく今迄食べたサバの味噌煮でナンバー1です

汁一滴までゴハンにかけていただきました。




そしてなんだろうこのワクワク感は

そしてなんだろうこのこみあげてくる涙は



海からの贈り物よ

たくさんの人達の飢えを救った缶詰よ




石巻よ、





テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

2011.09.06 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 東日本大震災

よく視える

2011_8_19.jpg

東日本大震災の被害にあったこの地にいると

よく視える

必死になって生活を取り戻そうとしているひとたち

別の地から手を差し伸べてくれるひとたち

そんな人たちに「がんばろう」って言葉は不要

すでに限界を超え「がんばって」いるのだから




東日本大震災の被害にあったこの地にいると

よく視える

この状況下においても利権争い

金儲け

人がいっぱい死んでるのに踏みにじってる




東日本大震災の被害にあったこの地にいると

よく視える

政府は情報操作

役所は足枷機関

人がいっぱい死んでるのに踏みにじってる




東日本大震災の被害にあったこの地にいると

よく視える

必死になって生活を取り戻そうとしているひとたち

別の地から手を差し伸べてくれるひとたち

どの表情にも鎮魂の願い



粛々と人間らしく行動するひとたち

そして守銭奴

東日本大震災の被害にあったこの地にいると

よく視える




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2011.08.20 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 東日本大震災

«  | ホーム |  »

profile

菊池 健一

Author:菊池 健一

facebook: KENICHI KIKUCHI 北海道釧路市出身仙台在住 唄うたい。レコーディング & デザイン事務所 ken's studio 代表。学生時代よりバンド活動、LIVE喫茶で毎週末弾き語りLIVE。1996年札幌を拠点に自作曲を書きため音楽仲間と全国を歌い歩く。2008年より仙台を拠点に活動本格化、あらゆる会場でLIVE、年間150本以上をこなし各メディアに露出。近年は八島順一氏(ハウンドドッグ)のギターとのユニット JUNxKEN が好評で毎回多くのファンを獲得中。2011年八島氏とSS氏と共同でレーベルJSK trinity を立ち上げる。2013年にはシンガーソングライターいがらし笑子さんのアルバム「kokorone 〜心音〜」をプロデュース。完成と同時にレーベル kokorone RECORDS を立ち上げる。

最新ツイート!

菊池健一公式HP

kenichi_web_show.jpg

ken's studio

録音・デザイン・写真

ココロネレコーズ

kokorone_records_logo.jpg

CD・グッズ通販ショップ !

出演交渉、問合せ先

jsk.jpg

所属レーベル: JSK trinity

大好評動画!

過去の日記

calender

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2009年8月15日~

Hello!!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード