plain color

12月ですね。

バタバタ慌てないようにね

なんてことないのだから

2016_12_1a.jpg

水鳥でも眺めてひとやすみ、ひとやすみ

2016_12_1b.jpg

食べ物くれるのかと近寄ってきたコブハクチョウ

iPhone 7 Plus 被写界深度エフェクト(β)で撮影させてもらったよ

2016_12_1c.jpg

日が暮れる前に場所を変え

怖い看板ねピラニアでもいるの?


2016_12_1d.jpg

地味なオナガガモのメスが好き

派手で煌びやかなモノや事柄に惑わされることなく

普遍の中に感動を見つけたいといつも思う自分もまた地味ナリ。


クワックワッ








テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2016.12.02 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

再び森へ

2016_6_22a.jpg

モリアオガエルに会えなかった数日前

今回はカジカガエル情報を基に再び別の森の中へ

2016_6_22b.jpg

クルミの実

2016_6_22c.jpg

秋になればこの実が割れて、おなじみの固いクルミが出てくるよ

2016_6_22d.jpg

川まで来たけれど、カジカガエルの歌は全く聴こえてこないよ

でもミヤマカワトンボがひらひらとたくさん飛んでいたよ

2016_6_22e.jpg

何を思っているのかい?

2016_6_22f.jpg

ミヤマカワトンボのオスはとっても綺麗だね

これだけ眩しくなきゃメスに気に入られないのかい?

2016_6_22g.jpg

おじゃましました

この一帯は完全にミヤマカワトンボのテリトリー

2016_6_22h.jpg

フクラスズメの幼虫もいたけど


あぁ、今回もカジカガエルに会えなかったよ(笑)


ま、いっか。




2016_6_22i.jpg

帰り途中に食べた 「KIKUCHIYAのあんぱん」は感動レベル。

ちなみに僕はアンコが苦手なのにね。

キクチだから言うわけじゃないけど、オススメです!





テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2016.06.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

call me mellow yellow

Donovan はお好き? 僕は大好き。


昨日花山村へ向かう途中

2016_5_6aa.jpg

毎年行ってる三本木の菜の花畑へ

2016_5_6ab.jpg

夏にひまわりが一面に咲くところね。

2016_5_6ac.jpg

春には菜の花が一面に咲くよ

2016_5_6ad.jpg

kokorone のジャケットブックレット撮影はこのロケーションもひとつ。

採用されたのは別の場所の菜の花畑だったけどね

2016_5_6ae.jpg

なんだかね、道端でよく目にする小さな菜の花もあれば

背丈ほどの大きな菜の花もあってね

2016_5_6af.jpg

アブラナ天国ですよ


50mm 単焦点 F1.4 レンズひとつの潔い旅でした




テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

2016.05.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

young blood

お正月のある日


精密部品を切削するSサンの会社で珈琲ごちそうになったときの帰り、

なんとも懐かしい記憶が蘇ったよ。

2016_1_10a.jpg

それは切削屑から香る切削油のにおい。

工業高校 機械科出身の僕はこのにおいが青春の一部だったんだね。

そして昔は確かに嫌だったはずなのに何故かしばらく嗅いでいたい気持ちになったんだよ。


2016_1_10b.jpg

それにしても

2016_1_10c.jpg

今の時期なら雪に覆われている山の麓まで来ても冬を通り越したよう。


2016_1_10d.jpg

数日前に仲間と釣りの話で盛り上がったので。

2016_1_10f.jpg

美しいなぁ

2016_1_10e.jpg

降海型のスチールヘッドは強そうだなぁ

2016_1_10g.jpg

そして新春いっぱつ友の笑顔




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2016.01.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

アブラコ

休日 Nassy と

2015_12_26a.jpg

がんづき食べながら

2015_12_26b.jpg

海へ

2015_12_26c.jpg

のんびり釣り

2015_12_26d.jpg

最初に釣れたのは僕で

ちっちゃいアイナメ (北海道ではアゴラコって呼んでたよ)

2015_12_26e.jpg

ちっちゃい中でもこの日の大物賞

2015_12_26f.jpg

あとはさすがの釣りキチナッシーが

ちっちゃいアカオビシマハゼを2匹釣り

2015_12_26g.jpg

ちっちゃいアイナメを2匹釣りましたよ

2015_12_26h.jpg

あんまりに風が冷たくなってきたので90分で退散 !


2015_12_26i.jpg

すぐにあったかいラーメンにありついたよ

2015_12_26j.jpg

それでもって自称ファッションリーダーの着替えたナッシーとずっとセッション


泉区の外は強い雨になったきたよ


雪降らないね今年は

毎年こんなこと言っててドサッとやられるのさ



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2015.12.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

taste of honey

2015年6月25日(木)

山元町

2015_6_25b.jpg

シオカラトンボに誘われて

2015_6_25c.jpg

いつもの樹液いっぱいの生命の樹まで。

2015_6_25d.jpg

カブトムシを探したけれど

スズメバチに威嚇されて退散!

2015_6_25a.jpg

「かくれおび」に惹きつけられると

「そんなに甘くはないんだよ」と、森の門番コガネグモ


ハイ、出直します。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2015.06.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

蒲生干潟 2015

2015年6月10日(水)

早起きして

2015_6_11aa.jpg

パン食べて

蒲生干潟へ向かった。


震災で大きく変わった地域だけれども

ずっとまえから何度も訪れている地域だからこれからも何度も訪れようと思うのです


2006 SLOW TRIP Vol.30 「蒲生干潟 : インヴィテッド・バイ・カイト」
http://www.kenichikikuchi.com/slow_trip/slow_trip2006_30.html


2007 SLOW TRIP Vol.04 「蒲生干潟 : ホリデイ・オブ・ザ・バーズ」
http://www.kenichikikuchi.com/slow_trip/slow_trip2007_04.html


2007 SLOW TRIP Vol.019 「 蒲生干潟 : LIVE ON 」
http://www.kenichikikuchi.com/slow_trip/slow_trip2007_19.html


2015_6_11ab.jpg

変わってしまったけれどもいきものたちはすぐにここに戻ってきたよ

2015_6_11ad.jpg

泥が大好きなヤマトオサガニ

2015_6_11ae.jpg

とっても臆病

2015_6_11ac.jpg

カニの砂団子を見つけたら

2015_6_11af.jpg

そこはチゴガニの棲家

2015_6_11ag.jpg

かれらも臆病だけれども、1分ばかりじっとしていると出てきて

愉快な動きをみんなでしてくれるものだから

歓迎されている気分になるけれども

2015_6_11ah.jpg

海を汚す人間なんて歓迎されていないんだろうね


今日は何百トンの放射能汚染水を海に流したのだろう


あまりにひどいね。


何やってるんだい日本人




ごめんよ帰るよ



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2015.06.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

eye of the swallow

2015年6月10日(水)

ご近所のツバメの子育て

2015_6_10a.jpg

5分だけ観察させてもらったよ

2015_6_10b.jpg

隠れている子いれて全部で5羽

1羽が羽毛も生えそろっていなくて心配な子

2015_6_10c.jpg

親ツバメが食料を運んでくるといっせいに大きな口を開けて鳴くよ

2015_6_10d.jpg

親ツバメはきちんと覚えていて

2015_6_10e.jpg

順番に食事を与えてあげているよ

2015_6_10f.jpg

しっかりと胃袋に届くように

2015_6_10g.jpg

口の奥まで顔をつっこんで

2015_6_10h.jpg

ベイビーツバメが口を閉じると親ツバメの顔の羽毛がめくれるよ

2015_6_10i.jpg

今度は、

2015_6_10j.jpg

大きなバッタを仕留めて来てくれたよ

2015_6_10k.jpg

この親ツバメの優しい表情を見よ





震災の爪痕が大きく残ったままなのにどうして平和憲法を急いで変えようとするのだろうね

この国のどの母親も、この親ツバメのように子を愛する瞳で大切に育てて来たのにね

お国のためにと戦地へ送らされたあの時代に戻れというのかい?


今こそ人間の親たちは命がけで平和憲法を守らないと。

どうしちゃったんだ日本



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2015.06.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

いるよいるよ#2

2015年6月6日(金)

昨日、シンガーソングライターいがらし笑子さんが

2015_6_6e.jpg
photo by emit igarashi


「ツチガエル」【宮城県RDB】準絶滅危惧 に出会ったとSNSに写真が載ってたので


2015_6_6a.jpg

僕も雨上がりの朝、早起きしてレッツゴー!

2015_6_6b.jpg

しかし雨で沼の水かさが増したからか、一匹にも会えず、。

またしてもツチガエルに出会えず!




ちなみにこれまで宮城県で出会ったカエルたちは

2010_6_21c.jpg

アマガエル

田んぼに行けばいつでも会える

2010_6_21b.jpg

ニホンアカガエル 【宮城県RDB】準絶滅危惧

近年は減少傾向にあると言うがアマガエルみたいによく見つけられたのに、

やはりここ数年で出会いが少なくなってるのを感じる

2010_6_21d.jpg

トウキョウダルマガエル 【宮城県RDB】準絶滅危惧

棲んでるポイントを見つけたから会える (最近はそのポイントでは会えない)

2010_6_21e.jpg

ウシガエル

県北の沼地でグォーグォー鳴いているところを撮影

移入種だから興味なし

2015_6_6d.jpg

シュレーゲルアオガエル

三本木の田んぼの中にあるピザ屋さんでLIVEの帰り道に遭遇

個人的に大好きなスタイル!

昼間に出会いたかった!


2015_6_6c.jpg

アズマヒキガエル

最近ようやく会えるようになってきたヒキガエル

この子は、泉ヶ岳の下りの車道を這ってたところを保護。

ふとしたときに出会えるけど、探しに行くとまず会ってくれない。





あと宮城に棲んでる蛙は、

七北田川、広瀬川の澄んだ上流に澄んでいるカジカガエル

2015_5_1t.jpg

美声は聴こえるのに会うのは困難 !



宮城県大和町、御手洗沼に澄んでいるというモリアオガエル

2014_10_3a.jpg

この山の向こうに確かに暮らしている !



そして唯一幼生で越冬すると言うツチガエル



カエルコンプリートの道は険しい !


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

2015.06.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

child-rearing

毎春のことだけれども

2Fの僕の部屋の下あたり

2015_6_2a.jpg

ハクセキレイが子育てに奮闘

2015_6_1f.jpg

見張り塔からずっと

子供たちを見守って

2015_6_2b.jpg

栄養のある新鮮な食事を運んでは

2015_6_2c.jpg

見張り塔からずっと

子供たちを見守ってる

2015_6_2d.jpg

ハクセキレイの親を眺め

ハクセキレイの雛を眺め

当時のわたしの両親の奮闘を想像する

2015_6_2e.jpg

毎年この季節

窓を開けて

ハクセキレイの美しい歌に包まれながら





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

2015.06.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

皐月の唄

2015年5月11日(月)

とっても天気が良かったので今日は外でランチ

2015_5_11a.jpg

誰もこないあの場所で

2015_5_11b.jpg

5月。

毎年ウスバシロチョウがいてくれるよ

2015_5_11c.jpg

いつもの時期にいつもの顔に出会える安心感

2015_5_11d.jpg

カラスアゲハがしばらく僕の足元を舞って遊んでくれたよ

2015_5_11e.jpg

あなたたちは泥水吸っても美しいなぁ

また星野富弘さんの詩を思い出したよ

「黒い土に根を張り泥水吸ってなぜキレイに咲けるのだろう、
 私は大勢の人の愛の中にいてなぜ、みにくいことばかり考えるのだろう」


2015_5_11f.jpg

帰り際、鳶に襲われて瀕死のシマヘビに出会ったよ

鳶も必死。

シマヘビも必死。

僕は必死に生きているのだろうか。

自然の中にいると本当にたくさんのことを考えるよ。

2015_5_11g.jpg

だから週に一度はここに自分を濯ぎにくるよ。

2015_5_11h.jpg

ついでにいつもの商店の軒先に行ってツバメの子育ては順調か眺めてきた

2015_5_11i.jpg

順調。順調。

自然の生き物たちは順調。

ツバメの雛はいつかの大安の日を目指して巣立つ準備順調。



人間だけがごまかしあって季節感無く生きてら




テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

2015.05.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

Japanese maple

2014年11月14日(金)

僕の住処のすぐそば

2014_11_14a.jpg

賀茂神社

2014_11_14b.jpg

今日の賀茂神社

2014_11_14c.jpg

ピークです

2014_11_14d.jpg

あと数日で葉を落とす雨風によって冬景色になります

2014_11_14e.jpg

この街に来てもう10年も眺めている

2014_11_14f.jpg

イロハモミジの事です。

2014_11_14g.jpg

毎年寒くなるスピード等によって彩づきかたが違います

2014_11_14h.jpg

全体的に真っ赤になるのは稀なこと。

2006年はそれは美しかったっけ
2006 SLOW TRIP Vol.34「賀茂神社 : インソムニア」


早朝の朝日に染まる姿が一番美しいね



テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

2014.11.15 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 自然の生き物

salmon life cycle

2014年11月5日(水)

2014_11_5d.jpg

極上洋食店で昼食後

2014_11_5a.jpg

鮭の遡上を眺めに今年もやってきた

2014_11_5b.jpg

時期は遅く川に魚影も無く

力尽きた鮭たちの姿だけ

2014_11_5c.jpg

この辺りはもとても美しくて

あるときはキジを探しに来たり

あるときは川に足を浸かりに来たり


よく訪れる大切な場所


誰も来ないあの場所。


テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

2014.11.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

woodland path

2014年10月3日(金)

2014_10_3a.jpg

ここ数日カリモクデスクの上でデザインワークにかかりっきりだったので

2014_10_3b.jpg

モリアオガエルが棲むという

あの山の向こう側を目指してみた

2014_10_3c.jpg

途中、前にねねママに教えてもらって水を酌みに来てたところに止まって

口を濯いでから水を一口飲んで

身を清めた気分になってから林道へ

2014_10_3d.jpg

いやぁ、あまりに過酷な林道だったなぁ、。

車を休め、沼をのぞくも水量が少なくなってて、こりゃ来る季節間違ったなと

次回会おう、モリアオガエルたちよ

2014_10_3e.jpg

ようやく舗装道路へ出て一安心

2014_10_3f.jpg

下山途中、のそのそと道路に出て来たヒキガエルを保護

2014_10_3g.jpg

危うく僕の後ろを走ってたスバルに轢かれるところだったよ

夜行性のヒキガエルが雨上がりなんかに昼間行動すると

轢かれるか、干涸びるか、天敵に捕食されるかだからね

車に轢かれるほど納得いかない死はないから森へお帰り。

2014_10_3h.jpg

その前に観察させてね


2014_10_3i.jpg

収穫のほぼ終わった田んぼを抜けていつもの森の隠れ家へ

2014_10_3j.jpg

おや?

保護色で白くなってたアマガエル

2014_10_3p.jpg

このアマガエル賢くて

昼間でもこのキラキラに虫は集まって来るみたいで

2014_10_3k.jpg

パクパク入れ食い

2014_10_3l.jpg

その獲物は大きすぎやしないかい?

2014_10_3m.jpg

葉の上で獲物を待つものに

2014_10_3n.jpg

そいつを狙うもの

2014_10_3o.jpg

目の前でくりひろげられる食物連鎖


美しいシマヘビはとっても臆病

2014_10_3q.jpg

カメムシが卵からふ化して

脱皮を繰り返して成虫になるわけだけど

このアオクサカメムシは3回脱皮した4齢幼虫

派手だけれども成虫になったら緑一色になるから不思議

2014_10_3r.jpg

やっぱりカメムシは亀っぽいわ

2014_10_3s.jpg

小川が流れているからイトトンボの仲間も多くみられるよ

2014_10_3t.jpg

この場所に伐採した木が置かれていたのはじめて見た

2014_10_3u.jpg

ここにイノシシの捕獲檻を設置してるのはじめて見た

2014_10_3v.jpg

もう10年近く通っている森の中


ここは何にも変わって欲しくないもんだなぁ






テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

2014.10.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

Rhyothemis fuliginosa's Dream

2014年7月21日(月)

うとうとした記憶の中



写真に収められなかったチョウトンボを探しに

僕はまた草むらへ入る

2014_7_21a.jpg

夢の続きを叶えてくれる人が現れるまで撤去しない遊園地

人たちの笑い声や歓声が永遠とループする草むらの中の遊園地



僕は目を覚ます




隣の沼の中から機を織る音に耳を傾けていると


僕の頭の上にはたくさんのチョウトンボ



2014_7_21b.jpg

よややく僕はチョウトンボに認められてカメラに収める


この土地にはこんなに美しいイキモノが他にもたくさん暮らして居いる

美しくない人間のエゴで物事を人間中心に決めつけちゃいけない



チョウトンボの色彩は僕を現実に戻させてくれるには十分だった



照りつける今年一番の太陽の中

2014_7_21c.jpg

僕は友達のお母さんが注いでくれた麦茶で完全に目覚めた



その向こうには共モロコシと伊豆沼





「チョウトンボの夢」完




テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

2014.07.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 自然の生き物

«  | ホーム |  »

profile

菊池 健一

Author:菊池 健一

facebook: KENICHI KIKUCHI 北海道釧路市出身仙台在住 唄うたい。レコーディング & デザイン事務所 ken's studio 代表。学生時代よりバンド活動、LIVE喫茶で毎週末弾き語りLIVE。1996年札幌を拠点に自作曲を書きため音楽仲間と全国を歌い歩く。2008年より仙台を拠点に活動本格化、あらゆる会場でLIVE、年間150本以上をこなし各メディアに露出。近年は八島順一氏(ハウンドドッグ)のギターとのユニット JUNxKEN が好評で毎回多くのファンを獲得中。2011年八島氏とSS氏と共同でレーベルJSK trinity を立ち上げる。2013年にはシンガーソングライターいがらし笑子さんのアルバム「kokorone 〜心音〜」をプロデュース。完成と同時にレーベル kokorone RECORDS を立ち上げる。

最新ツイート!

菊池健一公式HP

kenichi_web_show.jpg

ken's studio

録音・デザイン・写真

ココロネレコーズ

kokorone_records_logo.jpg

CD・グッズ通販ショップ !

出演交渉、問合せ先

jsk.jpg

所属レーベル: JSK trinity

大好評動画!

過去の日記

calender

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

2009年8月15日~

Hello!!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

QRコード

QRコード